17/06/2015 朝を制すれば1日が輝く

気がしています。

なぜかというと、とってもオシャレで美味しい朝ご飯というかブランチを食べたから♥︎

日本にいるときから、白米を食べない日もある薄情者の日本人だし、
こっちに来てから、寮では2日に1回お米料理なので、
さほど、食べるものがなくて心が寂しい!みたいな思いはしていないはずだったのですが(笑)

やっぱり美味しいものたべるととっても幸せです〜

”リコッタチーズフルーツパンケーキ&カフェオレ”

朝ご飯が食パン続きだったからの感動ではないと思いたい!

酪農の国だから、ミルクや卵が美味しいのかも!

少し、スパイスも入っていてそれがまた絶妙。

日本でも、○○で美味しかったお店の味を再現!みたいなカフェっていくつかあるけど、
そりゃ、こんなに美味しいもの食べたら、「よし日本に持って帰ろう」ってなりますわ!笑

エッグベネディクトしかり。
(ニュージーランドのカフェでは定番で、寮の人たちは自分で作ったりもしてます。)

ちなみに、その美味しいブランチをだしてくれたカフェは、
ベストカフェに選ばれたこともあるそうです。

朝起きたらホストマザーにも「あと5日のFreedomだね」と言われたけど、
あと5日で、試練の(!)恐怖の(?)勉強生活に突入するので、
今のうちに充電しておきまーす!

Bambina

16/06/2015 読み聞かせ担当の方に話を聞きました。

私が、見学にいかせていただいている図書館でのRhymeTime

週に3回行われており、それぞれ、0−2歳、2-3歳、3−5歳と対象が分かれています。
内容も、手遊び、歌と絵本を使った読み聞かせと成長に合わせて分けられています。

どのクラスも、私が日本でやっていた乳幼児クラスのものと近く、
なじみのある歌ばかりだったので、思わず見学しながら歌ってしまいました。

毎回見学に行っているだけあって、やっとスタッフの皆様にも顔を覚えてもらえたようで、
「どうぞ見ていってね〜」と声をかけてもらえるようになりました。
この前は、時間が終わった後少し時間があったので、お話を聞いてみる事に。

答えてくれたのは、2歳半の息子さんがいる中国系のRさん

Q.このプログラムのためになにか資格があるのですか?

A.ほとんどのスタッフは、図書館でのプログラム運営が出来るように、
トレーニングを受けています。

Q.このプログラム運営は好きですか?

A.「今となっては好きだけど、最初は嫌だったわ」笑

「なによりも準備が大変」

Q.どんな人が来ているの?

A.地域の人を中心に場所によってはバスや電車を使ってくる人もいますよ。
小学生になっても、本を借りにきたり、
街で見かけたりすることで成長を見届ける事が出来ます。

お母さんだけでなく、パパや祖父母が一緒に参加ということも珍しくありません。

また、母国語は別の言葉を話し、歌や手遊びはみんなと一緒に英語で〜という
二カ国目教育の一環として参加している方も多く見かけます。

こうした民族比率もまったく地域によってちがいますよ。
前に担当していた図書館では、インド人が多かったり、中国系の方が多い場所もあります。
ここは、地元の方が多いですね〜。

お話、ありがとうございました。

オークランド市内にある55カ所の図書館、すべてでこのプログラムが行われているのだとか。

最初は英語の歌にわけが分かっていなかったRさんの息子くんも
今では自分でアレンジをして家でうたっているそうです♪

15/06/2015 雨ときどき晴れ

Kia Ora.

6月ということはわかっているけど、気分は11月を過ごしている感じ

今朝、「もう雨ばっかりでやだ〜」と言ったら、寮の友達に、

「雨っていってもずっと降ってるわけじゃないし、先週はずっと天気よかったしいいじゃん。」

と言われました。

確かにそうです、雨が嫌いすぎるわたしです。ちと反省。

ここ数日家のネットがダウンしているのですが、
ついに町中で使えるwifiのお試し期間が終わったらしく
(お試し期間だった事にも気付いてなかったんですが...)どこにいてもネットが使えません。

先週、小学生の子どもたちがマオリの歌を歌うイベントを見たり、要所要所にやはりマオリの伝統が顔をだします。

なにもわからないので、図書館で、Basicなマオリについての本を借りてきました♪
雨だし、ネットも使えないようなので、今日はこのまま家に帰って読書することにします。

14/06/2015 オークランドクラフトマーケットに行ってきました♪

羊の方が多いと言われるニュージーランド

そんなの信じられない!ほど賑わっているイベントに行ってきました。

オークランドクラフトフェア

手描きの絵、手作りおもちゃやベビーウェア、手作り石けん、手作りアクセサリー
などたくさんのものが売られていましたー♪
見ているだけで楽しくなっちゃいますねー!
作ったかたとのおしゃべりも楽しいところ。日本人の方も数カ所出展していらっしゃいました!

イベントの企画として、欲しいものを選び、指定のカードに自分の連絡先、
メッセージを書いて投稿すると、それがもらえる!というなんとも素敵な抽選会もあったので
かわいいネックレスに1票

当たるといいなー*^^*

帰るのはまだもう少し先ですが、
「これお土産にいいな」とかさっそくめぼしいものを見つけてしまいました。笑

このイベント6月と12月に開催されるようなので、次回は出店側に?!
乞うご期待♪

※ネット環境が悪く写真が載せられない事をご了承ください〜

13/06/2015 One News

Kia Ora.

夕食の後、みんなが見ているニュースの名前「One News」

内容は日本のニュースと変わらず、その日の事件とか、天気予報とか。

この前は、最新の開発展がありました〜みたいなニュースで、
「牛のフンを飲み水に変える機械」にみんなで盛り上がりました。笑

連日見ていても、やはり日本はいちアジアの国でしかなく、なかなか名前が出てこないのですが、

ついにJAPANと言ったー!
なんのニュースかな?

と思ったら、

過労死させられた家族が必死の訴え

というなんともなニュースでした。

がっくし。

いかに亡くなった方が働かされていたか、という奥様のインタビューもあり、

それを見ていた寮のみんなから、「そうだ、日本は働き過ぎ!」とつっこみが入っていました。

次は、もっと明るいニュースが届きますように^^;

p.s.一瞬背景として映った渋谷のセンター街がとても懐かしかったです〜

12/06/2015 NZは図書館が画期的だった!

家から歩いて20分くらいのところに小さな街があり、
そこに図書館もあります。

「ネットが使えるよ」と聞いてふらっと行ってみたのですが、
行ってびっくり!

●図書館主催のこどもの遊び場(無料)がある

●有料で、DVDやCDが借りられる

●会員証を持っていれば、インターネットが10分間無料

日本の図書館も、どこか?がプロデュースしたと一時ニュースになりましたが、

こちらは有料にするものを設けていて、広く地域の人に使ってもらえいるようでした。

ゆっくり本を読む時間がある、というのもひとつのニュージーランドのいいところです♪

ちなみに、こどもの遊び場は、今日から来週にかけて全コースを見学させてもらう予定なので
その様子はまた後ほど〜!

11/06/2015  日本より安いもの。

こちらに来てびっくりしたのが、物価の高さ

というのも、コーヒー3$、カプチーノ4$

ランチは大体10$以上1$が90円としても日本とあまり変わりませんよね(泣)

日本にいるときですら、こんな贅沢なランチを食べるのは週末だけなのに、
こちらに来てから毎日これ食べてたらあっという間に破産です!

ということで、私は寮の共有食材を食べるか、
ちょっとネットついでにカフェかというこの頃です。

でも、安いものもありました!

野菜、フルーツ!

無性にリンゴが食べたくなって買いにいったら、1kg$2.50のリンゴが。

1kgってどのくらいか、びくびく二つだけ買ったら、わずか$0.90でした。

日本だとひとつが100円くらいするからこれは安い!

ちなみに今回買ったのは、GARAという種類なのですが、
物知りの寮のお姉さんいわく、このGARAが日本のフジに近い味なのだそうです。

寮に帰って、「リンゴが安い〜!」と騒いでいたら、

「牛乳も安いよ♪」と教えてもらいました。

そうえいば酪農の国でした。

10/06/2015 初めて小学校の教室に潜入した!

image

imageKia Ora.

今日は一段と寒く、ベットから起きるのが億劫なくらい。

「これからNZ行くのですが、なにが必要ですか?」
という質問をよく掲示板で見るのですが、

湯たんぽ!

と答えたい。

なぜかうちの寮ではめちゃ流行っていて中国の人たちがみんな使ってます。
こちらでも1000円くらいで買えるそうなので、
荷物は軽めに出発したい人はこちらでGETしてください。笑

さて、今日は初めて小学校の教室まで
お邪魔させてもらいました!

2年生(6歳7歳)の教室なので、色とりどりの掲示物があって幼稚園と近いな〜という印象。

(写真はまた後ほどUPします!)

◆力を入れているのは、フォニックス(英語の読み方)で、
レベル事に分けられるので、みんな必死

◆ICTの導入も早く1人に1アカウント与えられる勉強アプリがあって
それに夢中
 ただ夢中になりすぎるので、親たちからは心配の声もある。

◆こちらは、5歳の誕生日から順次学校に入るので最初の1年目は、
座っていることやみんなと一緒にすることがあまり重要視されていない。

いろいろ思うところはありますが、また改めて。

See you!

09/06/2015 私が海外で住んでみて確かめたかったこと。

Kia Ora.

ここに来てまもなく、1週間
留学している(海外に長期滞在する)間に確かめたかったことがいくつかあるのですが、

そのうちのひとつが、なぜ、留学をすべきなのか。ということ。

私は、自分で言うのもなんですが、
英語は不自由なく話せるんです。
言いたい事も言えるし、何を言っているのかもわかる。
留学しなくても、英語を使う機会、学ぶ機会はいくらでも日本にあるんです。

それでも”なぜ”留学を勧め、
こんなにも人を魅了するのか。
私にとっては、その答えをさぐるための留学でもあります。

この7日間でわかったことは、

1.留学先には、自分を本当に気にかけてくれる人はいない▶︎自分でその関係を造らなくきゃいけないのがものすごく大変
2.なんとなく、わかったつもりでいる英語が、わかったつもりではなく、はっきりと分かる状況にはまだ遠い。

ということ。

1については、
幸い、こちらでも私を助けてくれる方が何人かいて、本当にその方達には助けられています。
これ、だれもいないところからのスタートだったら辛すぎる…

これから、自分をアピールし、信頼される振る舞いをしていくのみ!

2は、
ニュージーランド英語、さっぱりわからない(笑)という衝撃

昨日ホストファザーが、「NZ人の英語は、めんどくさがり」と言っていたけど、
本当にその通りで、なんか言葉が適当、発音も適当!

私だけじゃなく、NZ人同士でも「Perdon?」が頻繁

リスニングが苦手という皆様、
この国では自信をもって「Perdon」使いましょう。笑

どうやら私の英語は誰が聞いても「アメリカ英語」らしく、(日本で教えられる英語は大体アメリカ英語です。)
この国には「アメリカ英語嫌い」という人がいるようなので、
そういう方に出会わないように気をつけます。笑

以前、TEDで、脳科学者が自ら脳卒中になった時、その様子を喜んで研究したというものがありましたが
(リンクはこちら

私も、英語を教える人として、自分が学んでいく過程を観察していきたいと思います。

お楽しみに〜笑

08/06/2015 携帯キャリア選びの話

Kia Ora.

さて、昨日の続きです。

確かに、町中を歩くと至る所にあるのです「Free Wifi」の表示

私も初日、この看板を見つけるたびにやったー!
と思って近づくも、要求されるのパスワード

この国で、町中のwifiはほとんど、携帯キャリアに紐づいているのです。

主要な携帯キャリアは4つ

・Vodafone
・Skinny
・2degree
・Spark

私が買ったのは、Spark
空港に降り立ったときから、ピンクの看板が至る所にあり、

”19ドルのパックで、毎日1GB使えるよ!”というのが売りなのです。

携帯の契約もプリペイド式なので、一番安い本体にこのパックということが可能。

(キャリアとしては、本体=SIMにしてほしいのはどの国も同じなので、
セット売りがしてあります。)

これによって、私は今まさに「街の至る所でwifiがつながる」環境になったのですが、
速度は期待しないでくださいね笑

ここからが、言いたかったこと。

このSpark元々はNZTELCOMという会社だったそうですが、
後参入のVodafoneに押され気味だったことから、
ブランド展開をして今にいたっているそうです。

こちらに住んでいる人からすると、
なぜ、Sparkを買うの?と疑問がられましたが、
私には、それぞれのキャリアの過去は見えず、
今の戦略だけがストレートに刺さったからが、答えになるでしょう。

日本のド○モと○oft○ankの構図にそっくりです。

ちなみに、NZの携帯番号は02〜から始まりますが、
3桁目の数字でどこのキャリアかわかるようになっているようです!

では〜