大人のワークショップ合宿秋〜10年ぶり〜

先週末は、私が高校生〜大学生の間に熱中していた

国際交流プログラムの元スタッフ・参加者のメンバーと

ワークショップ合宿をしてきました。

題して、「大人のワークショップ合宿」

当日は、高校生、大学生だったメンバーがみんな社会人となり

それぞれの分野で活躍しています。

キャリアカウンセラー、営業マン、コンサルタント、教師などなど

同じ10日間(9泊10日のプログラムを運営していました)を過ごして、

同じ感動をしたのに、自分のミッションとして選んでいるものはそれぞれ異なっていてどの人の話も聞いていて本当に魅力的でした。

1日目のアイスブレイク、チームビルディングのWS、

ジレンマのワークショップ

2日目はキャリアを考えるワークショップ、そして私のワークショップと最後の振り返り。

 

参加する前は、「合宿と言っても、いつもの飲み会が泊まりになるだけかな?」なんてちょっと思っていたのですが(笑)

がっつり1日ワークショップでした。

そして、私もせっかくワークショップ合宿やるなら何かやりたいと一枠もらいました。

あのメンバーとやるならどんなことを語り合いたいだろう

何を持って帰ってもらおう、

と考え「今と未来から自分のピース(peace)を考える」ことにしました。

私は、今ワールドピースゲームという教育プログラムに力を注いでいますが、

他のメンバーが思うピースって何だろう。

それぞれが思い描く未来って何だろう。

と思い、こんなテーマにしました。

具体的にやった内容は、

10年後の自分のdescriptionを作ろうというものです。

これは、私がワールドピースゲーム・プロジェクトの事業計画書を作るときに

いきなり数字を描けなかったので、20年後に「過去20年間の」実績をどんなふうに評されてたらいいだろか?

と作ったことがきっかけでした。

ゆっくりと自分と向き合う時間をとり、発表してもらいましたが、

自分の家族は?子どもがいる?

どこに住んでる?

仕事は?今と同じ会社?それとも独立している?

など、参加者それぞれのオリジナルが完成していました。

みんなのを聞いていて、真っ先に思ったのは、

「この人たちと10年後に会いたいな」ということでした。

1日目のワークショップで、現在の仕事について話す時間があったので、

「うん、今の頑張りだったらそんな10年後迎えられてそうだね!!」と感じるものもあったし、

「これからどんな風にそこに向かうんだろう」と楽しみなこともありました。

こうして、10年変わらず熱く語り合える仲間でいられることに感謝だな〜。

実はこのワークショップ合宿も、一人の人の「またキャンプやりたいね」という発言がきっかけで実現

一人の人が「こういう小さな思いつき、アイディア」をちょっと言ってみるって大事〜」と言っていたけど、本当にその通りですね。

やりたいな〜を→やってみよう!&誰かやらない?まで持っていくって大事だな、と思いました。

ちなみに、ワールドピースゲーム・プロジェクトの展望として

私が書いたのはこんな感じです。

  • ワールドピースゲーム・プロジェクトは、2016年に日本初のワールドピースゲームを実施してから20年間、“世界の課題の解決法を子どもたちに託す”という画期的な手法の学びの場を展開してきました。
  • 答えがない問題に取り組むことをゴールとしているので、学力や経済的背景に依存することなく、誰もが平等に秘めている想像力や発信力を発揮することができる場として認知されています。
  • 評価をされる場でないことの安心感から、子どもたちの肯定感が高まったという声も聞かれます。
  • また教員や教員を目指す学生が、「教える」と「ファシリテーション」の違いに気づき、教師としてのあり方を考えるきっかけを提供しています。
  • これまで20年間にワールドピースゲームに参加した子どもたちは約10万人

「世界の課題を解決できる人になりたい」と海外の大学院で国際関係学を学んだり、テクノロジーを使って環境問題を解決したいと自分でサービスを立ち上げたという声を数多く聞いています。

今年度、これまでの参加者による同窓会コミュニティによって、(経済的弱者であっても参加できる)ワールドピースゲームへのスポンサー制度が発足します。

◼︎こんな未来を実現するために、チームに加わりたい!という方おりましたら、ぜひご連絡ください。

◼︎ワークショップづくりのご用命もお待ちしています。

あー楽しい週末でした!

それでは。

まりか

 

ワールドピースゲーム2日目 inプラハ

ワールドピースゲーム、2日目
この日は、子どもたちが解決するべき課題が、読み上げられます。

そのうちの一つが、放射線物質による土壌汚染の問題

突然、ジョンハンター氏から

「ここに、日本から来ている谷口さんがいるんで、
話を聞いてみよう。
日本では、こういうことが実際起こったよね?」と、バトンが回って来ました。

私は、
「みんな2011年の東日本大震災のことは知っている?」

(ちなみに、ほとんどの子どもたちが頷いていました。)

と聞き、

実際に、何十、何百という家族が、
放射線汚染の影響で、自分の家を捨てることを余儀なくれたこと。
周辺に住んでいる子どもたちは、外で遊ぶことができないこと。

を話しました。

私たちにとっては、日々ニュースを通じて聞いている話だけど、
彼らにとっては、その他の土壌汚染とどう違うのか、を知ってもらう
いい機会になっているといいな。

ワールドピースゲーム・マスターコースに参加しています。

こんにちは。

私は今、11月7日〜11日にプラハで開かれているワールドピースゲーム・マスターコースに参加しています。

昨年の夏に参加してから今回は2回目。

前回は、「とにかくワールドピースゲームってなんなのよ」ということが知りたくて参加したので、
情報を得ることに目が向いていたと思いますが、

今回は、
・これまでに3度日本で行ったワールドピースゲームから、どんな学びがあったのか、
・どんなストーリーを共有することが、より深い学びになるのだろうか、
・ほかの参加者は、どんなバックグラウンドを持ち、何に惹かれてこの場にいるのか、

というようなことに私の関心は向いています。

マスターコースは、
ジョンハンター氏のファシリテーションの元、実際にワールドピースゲームが行われるのを見るという午前のセッションと
その後、ジョンハンター氏によるリフレクションのセッションと丸5日間みっちり使って行われます。

▶︎今回の参加者は、開催地であるチェコ、ロシアに住むイスラエル人、イギリス、アメリカ、オーストリア、ノルウェー
スイス、ドイツ、ポーランド、ルーマニア、スペイン、フランス、そして私(日本)から来た25人の先生たちです。

会場になっている学校が、モンテッソリー教育の学校なのですが、
その影響なのか、半数近い先生が、モンテッソリー教育の専門家なんです。
一人の先生は、「これ(WPG)って、モンテッソリー教育そのもの!」と大興奮した様子で話していました。

その他には、「娘が、ワールドピースゲームに参加した」っていう人がいたり、
スペシャルケアー(発達障害など)を担当する方、歴史と、音楽が専門です、っていう人だったり、
一人一人の紹介を聞いているだけでもものすごく楽しいのですが、
何よりも今回私が心を奪われた話は、
一人のオーストリア人の先生の話でした。

オーストリアの中学校は、成績によっていく学校が決まるそうです。(日本の高校制度に近いですね)
そうすると、下の方の学校になるとどうしても移民や難民の子が集まった学校となってしまうそうです。
彼女は、そのどちらかというと下の方になる学校で働いているのですが、

「ワールドピースゲームって、まさに私たちの学校で起こっていること。
自分ゴトって置き換えられるから素晴らしい、ではなくて、
すでに自分事の子どもたちにとってどんな影響があるのか、やってみたいと思っている」

という話をしてくれました。

最近、ワールドピースゲームの危機リストに、
難民問題が加わっているのですが、これはまさにタイムリーな話題でもあり、
先生たちの多くが、この問題をどう解決されるのか、ということにとても興味を持っています。

彼女の話は、こう続きます。

「教室の中では、友達として民族や宗教を超えて仲良くしているのだけど、
トピックとして、そうしたキーワードが上がった途端に、
ヘイトスピーチが繰り広げられてしまうんだよね。」

「これは、子どもたちがそう思っているからというより、家に帰ると
家族がそういう発言をしてしまっていることの影響が大きい。
だからこそ、正面から、この問題について深く考えたい。」

と言っていました。

例えば、ボスニアから来た子にとって、戦争や対立という言葉は
「家族がみんな殺された」という記憶になったり、
お父さんがシリア人で、お父さんだけビザが降りないという話だったり、

もう、言葉もありませんでした。

ー日本で、私がワールドピースゲームをやる意味ってなんだろう。
ーもっと世界を良くするには、何か他にできることはないのだろうか。

そんなことを、考えています。

続く。

ワールドピースゲーム3日目・アメリカ大統領選の朝

11月9日(水)

アメリカで、トランプ氏の当選が決まった朝、
プラハでマスターコースを受けている世界各国から集まった先生たちが集うteacher’s roomには、
混沌とした雰囲気が漂った。

「アメリカには何人も友達がいるのよ、本当にもう今日は言葉もない。」というチェコ人の先生

「イギリスが、EU離脱票が勝ったのを見て、「この世は何が起こるかわからない」って痛感したから、
何があっても驚かない。」というイギリス人

アメリカ大統領選は、アメリカ人だけでなく、その他の国の人に大きく影響を与える、
”自分たちの”生活に影響があるのだということを実感しているということを強く感じた。

「オーストリアでも、大統領選もうすぐだよね?」 「オーストリアの場合は、誰もいい人いないけどね」
という辛口のコメントもあり。

今日はワールドピースゲームの3日目
ファシリテーターのジョンハンター氏も「今、本当に君たちの力が必要だ。世界は動き始めている。」
というセリフからスタート

ーその先に起こる結果は考えている?
ーお金は払える?
ー理にかなっている?

さて、日本はどんな選択をしていくのだろうか。

ワールドピースゲームで何度も子どもたちに問われるこの質問を、
今全ての大人に問いたい。

img_1541

帰国後、私の日常。〜かっこいい大人〜

こんにちは。

2日間、春一番が吹き、「こんな風に暖かくなるんだな」と感じる週末でした。
日本のこの季節感ってやっぱり大好きです。

ニュージーランドから、帰って来た私は
「ワールドピースゲーム」を実施する活動を行っています。

ワールドピースゲームをやる!と決めてから、いろいろな分野、お仕事をされている方とお会いする機会があり、
ちょっと安直ですが、「大人になるって楽しいな」なんて感じています。
それぞれが専門や得意を持っているから、「協力」ができる。

学生の時にも国際交流団体の活動していたのですが、その時は、
やりたいことがあって、人が集まるけど、みんなわからないことばかりだったので
正直、暗中模索もいいところだった気もします。(それはそれで夢中で楽しかったのですが)

今、昔の自分や学生で進路を悩んでいる人がいたら、好きなことを思いっきりやろう
ということと、「プロフェッショナル」になろう、というアドバイスをするかな、なんて。

「自分、こういうこと得意です」
って自信をもって言える大人ってかっこいいと思います。

18-12-2015 国は違っても・・・

Kia Ora.

学童の仕事も今日で最後〜

いい機会と、上司と子供達に恵まれて楽しくお仕事させていただいたことに感謝!

だいぶ子どもたちの名前も覚えてきたところなのに、名残惜しいですが。

日本で3年先生をやっていて、こちらでも子供達と過ごしてみて気づいたことは、

「言語はちがっても、こどもたちの感じる心や発することばって年齢によってかなりの度合いで同じ!」

ということ。

”◯◯くんが、いじわるする〜”という報告にはじまり、笑

”これ欲しいな〜”という遠回りの要求とか、

おままごとの途中で、自分が主役じゃないとわかると、「やっぱり赤ちゃんやめてお姉さんになっていい?」っていう
切り替え具合とか。

一場面一場面がとにかくドラマにあふれているから、

やめられないんだな〜この仕事。

と思うのでした。

17-12-2015 夏休みスタート!

Kia Ora.

今日は記念すべきブログ200日目!
わぁお!

そして子どもたちは、夏休みがスタート!

学童で、いつも「Hello~」と放課後に迎えるのに、「Good morning」と迎える朝は
なんだか不思議な気持ちでした。

だんだん子供達の名前も覚えてきたところ。

・5歳児の子と12歳のお兄ちゃんが一緒に遊んでたり、

・10歳の子と、6歳の子がおままごとをしている様子を見ていると、

クラスや兄弟の枠を超えてこういう機会があるのはいいことだな〜と改めて思います。

15-12-2015 新学期

Kia Ora.

日本では、いちごは春・アジサイは6月、海は8月と別々の月なのに、

こちらでは、今そのすべてが同時に旬を迎えています。なんとも不思議

他にも違いがあり、こちらの新学期は2月

小学校は、5歳の誕生日を迎えた順に入学なので、「入学式」はありません。

12月のクリスマス休みから1月がまるまる”夏休み”になり、
2月に新年度を迎えます。

先日は、次年度のクラス発表がありました。

クラス発表の様子は、日本と同じく「◯◯ちゃんと同じクラスー」「同じ先生ー」という声があちらこちらから聞こえます。

学期末ということもあり、クラフトやノート、いろんなものを持って帰ってきたり、
最後のお弁当だったり。

ボランティアをさせていただいていた先生にも最後の挨拶をしてきました。

Have nice Holidays :)ですね!

14-12-2015 森の秘密基地

Kia Ora.

今日は曇り空からの晴天!

(放課後に)子どもたちと元気に公園へ行ってきました。

藪の中で、積み重なった枝を見て、家を作り始めた彼ら

子どもたちの遊びかと思っていたら、先日一緒に散歩した友人(20代)も
”散歩にきて、地道に秘密基地作ったりしてるんだよね〜”と。

昔から、木の家とか秘密基地とかに強い憧れがあった私にとっては、
衝撃的!

夢だと思っていたことが、そんな日常にできることなんてー!

さすがです、ニュージーランド

この自然の豊かさはどこの国にも負けないよな〜。

10-12-2015 本気で遊ぶ

Kia Ora.

今日は、また少し夏の日差しが戻ってきました。

学童でお仕事、

スポーツデーだったのですが、私もチームの一員として参加することに。

進化版鬼ごっこ

5歳、6歳の女の子の足の速さと比べるとまだ余裕を持てるのですが、

それ以上の男の子となると、本気で走ってもなかなか手強いです(汗)

こうして、大人も子供も(年齢も混合)で本気で遊ぶ、

勝ち負けを競う、という場面、
とても大事な気がします。

———–

といっても、全員が同じゲームをしているかといえばそういうわけではなく、

年齢の小さい子は、時間とともにだんだん複雑になるルールを無視して(笑)

最初の段階のルールで(自分の世界で)遊んでるのです。

それを、責める、でも強制するわけではなく、それぞれ「精一杯」楽しんでるのが
いいことだな〜と。

私ですら、後半のルールはイマイチわかっていませんでした(笑)

いい汗かきました。