【宮崎】初主催のイベントが終了しました

先日7月14日(土)宮崎で考えたい!これからの教育と未来 初の主催イベント無事終了しました。

宮崎で、こうしたテーマに関心を持ってくれる人ってどれくらいいるんだろう、と不安もあったのですがなんと45名の方にお越しいただきました。
学校の先生、行政の方、私のように教育プレイヤーとして活動されている方、保護者など様々な立場の方がいらっしゃり、そのつながり自体に価値があるなと感じました。

最後の振り返りで参加者の方が上げていたコメントが以下抜粋です。

・次の世代にどう繋ぐかが課題!(学校関係)
・答えがないんだな!って気づいた(学校関係)
・(自分の)子どもを苦しめている今の教育ってなんだろうと思いつつ、自分は恩恵を受けてきたと言う思いもある。何ができるか考え続けたい。(保護者)
・選択すると言うのが難しい(学校関係)
・もやーっとする!(教育関係)
・自分でレールをひける人になってほしい/ビジョンを定期的に見直さないといけないな。(学校関係)
・ジレンマがある!(一般企業)

“モヤモヤしますって“、その通りだなと思っていて、「これが正解」って言うのがあればいいのに、これからの時代は答えのない世界。
子どもたちだけでなく、大人も「答えがないこと」を考え続けること、一人ではなく協力してやることが、実はとても大切だと思ってます。

「失敗する可能性を受け入れられる?」と、ワールドピースゲームを始める前に自分自身に問うこの質問が、これからの教育を考える上で大事なんじゃないかなー。

ここから何ができるか、ここで出会った皆さんと一緒に少しずつアクションしていきたいです!
参加してくださった皆さま、一緒に主催してくれたShoko Kawaharaさんありがとうー!