【中学生が語るワールドピースゲーム】

今日は夏にワールドピースゲームを開催した学校の文化祭で、
ワールドピースゲームの発表もあるというのでお邪魔して来ました。
ワールドピースゲームに参加した子どもたちが有志チームを結成して、ワールドピースゲームの学びの展示発表をしていました。
 
 子どもたちが作った映像があったり、学んだことやそれぞれが考える平和とは?についての掲示があり、
参加者が代わる代わる案内役を務めていました。
 
 お客さんが空いた時、ちょっとだけ一人の参加者の話をしていたのですが、
 
私「最近のニュース見ていてどう思う?」
 
生徒「一時期は、北朝鮮のことすごくやっていて脅威だと思ってた。今は何も言わなくなったけど、ワールドピースゲームで自分たちが何もやってなかったけど、物事は動いていたように、裏で何かが起こっているかもしれないな〜とおもいます」
 
さらに、
 
「ワールドピースゲームって、これまで何百年分の歴史を凝縮している感じで、私たちは全ての課題を解決できたけど、これ現実だったら大変なことだなって思った」
 
と話してくれました。
 
ちなみに彼女がこうした世界の課題に興味を持ったきっかけは、私と同じ祖父母の戦時体験なんだとか。
 
それについても「もうだんだん戦争の事知っている人少なくなっちゃってるんですよね、」と心配そうに話してくれました。
 
やはり子どもの言葉から学ぶことは多いなぁ。
 
夏が終わった直後「二学期になったら変わりようにびっくりするんじゃないかな」なんて先生と話をしていたのですが、
 
先生、保護者から「○○くんが変わった!」という声が届いていると聞き嬉しい気持ちになりました。
 
 
忘れないように書いておきたいこと:今回のような展示を子どもたちが自身でやるのがすごくいいなと思ったのは、
 
・最新の音楽を掛けながら、「ここ見ていって〜」と子どもたちが声かけするので、自然!
・最新曲を使っているので「これ○○の曲じゃん」と曲によって来る子どもたちがいたこと。(私はこの曲知らなかった笑)
 
・「俺これやりたかったんだよね〜」という生徒、部活動の仲間と見学に来てるんで、すごい団体様、波及効果たかそう!
 
吹奏楽部の演奏や実行委員会のプチ演劇まで見させていただき充実した時間でした。
 
関係者の皆様、そしてワールドピースゲームに参加してくれたみんなありがとう!