12-12-2015 22年の歴史

Kia Ora.

久々の快晴!
こんな日に、青い空を見上げて、芝生を見ながら散歩をするのが
最高に幸せです!

今日は、昨日ニュージーランドに着いたばかりの友人に
オークランド観光案内!

彼女とは、「6月にニュージーランドに行くんです」「え、私もです!」という
なんとも偶然の出会いでした。

夜には、クリスマス・ライブイベントへ。

これオークランド市も協賛しているほどのビッグイベントで

なんと今回が22年目!

子どもが生まれる前から来ている〜とか、
小さい頃はテレビで見てたな〜という声も聞こえました。

日本でいう紅白みたいな感じかな?

ニュージーランドで2回目の花火は、とってもとっても大きくて、
とってもとっても綺麗でした!
歌もダンスも、花火にも大興奮!

この迫力にみんな魅了されるんだな〜!

11-12-2015 帰る場所

Kia Ora.

今日は、最初に住んでいた寮に最後の挨拶〜

近頃、「今日が最後」という機会が多くなんだかセンチメンタルな気分。

これを最後にしないように、また戻ってこようと想いを込めて「また会おうね」というようにしています。

寮の友達と話をしていて、最初に来た時のことから振り返ったり、
今だから話せるようになったことを話したり、

「みんなそれぞれの道を行く」ということを実感した夜でした。

今まであまり話できなかったけど、意外と同じ考えを持っていたりして、
これだから人と話すのはやめられない!

なんだかとても抽象的な話になってしまいましたが、

まずは出会えたことに感謝!

10-12-2015 本気で遊ぶ

Kia Ora.

今日は、また少し夏の日差しが戻ってきました。

学童でお仕事、

スポーツデーだったのですが、私もチームの一員として参加することに。

進化版鬼ごっこ

5歳、6歳の女の子の足の速さと比べるとまだ余裕を持てるのですが、

それ以上の男の子となると、本気で走ってもなかなか手強いです(汗)

こうして、大人も子供も(年齢も混合)で本気で遊ぶ、

勝ち負けを競う、という場面、
とても大事な気がします。

———–

といっても、全員が同じゲームをしているかといえばそういうわけではなく、

年齢の小さい子は、時間とともにだんだん複雑になるルールを無視して(笑)

最初の段階のルールで(自分の世界で)遊んでるのです。

それを、責める、でも強制するわけではなく、それぞれ「精一杯」楽しんでるのが
いいことだな〜と。

私ですら、後半のルールはイマイチわかっていませんでした(笑)

いい汗かきました。

9-12-2015 クリスマス・パーティ

Kia Ora.

今日は、今年初のクリスマス・パーティへ。

ディスカウントストアなどで、よく見かけるけど、
使い方のわからなかった「クリスマスグッズ」
こういうの が実際机に置かれていたり、まさに日本にいてはわからない現地文化に触れられた時間でした。

ちなみにこれ↑、クラッカーと呼ばれていて、
二人で引っ張って開けて、中から小さなグッズとクイズが出てくる!という
フォーチュンクッキーみたいなものでした。

この”二人で”っていうのもポイントなんだろうな〜!

———

もちろん大人のクリスマスパーティなので、

オーヘンリの小説を朗読を聞いたり、

30秒リレーストーリー(隣の人のストーリーに続きを加えていくという、ハラハラドキドキなゲーム)

をしたりと、毎回同様学びの多い時間でした。

最後に”サンタクロース”からのプレゼントもあり、楽しかった〜!

8-12-2015 UMAMI

Kia Ora.

夏なのに、また長袖を引っ張りだすほど涼しい1日

私は大の日本食のファンで、誇りをもっているのですが、

「日本のラーメンしょっぱい〜」と言われ、ハッとした先日

日本人にとっての”旨味”って出汁と、塩みですよね。

おにぎりには塩、味噌も塩、塩魚・・・・などなど。

当たり前でそれこそ健康!と思ってたものも、他の国の人からすると「苦手」にもなりうるという
ことを気付かされました。

「日本って、心臓発作の人多くない?」
「それ、塩取りすぎだからだよ」

という一言にもドキ。

塩み、美味しいですが、気をつけましょうね。

7-12-2015 ハリネズミ

Kia Ora.

昨日は公園で、野うさぎ、ガチョウ、大量のアヒルを見て

今日は庭にハリネズミが出現!!笑

日本にいるときに絵本の翻訳をしていて、

見たこともない「hedgehog」「goose」が使われていて、

なんでこんなマイナーな生き物を使うんだ!と不思議で仕方なかったのですが、

なるほど、こっちにはこの二つの生き物を目にする機会がたくさんあるんだと知りました。

まさに、授業では学べない文化。

野うさぎを見て、「飼いたい!」と思うのは、日本人と中国人くらいですね。あはは。

6-12-2015 雲で隠れたSunset

Kia Ora.

今日は久しぶりにゆっくりとした午前中を過ごしました。

ふと見上げる空が壮大で、ここはニュージーランドだな〜なんて改めて思ったり。

夕方は、Sunsetを見ようと海岸へ

現在の日入り時間は20時半頃

残念ながら、厚〜い雲に隠れてしまって見えなかったのです。

「残念」と私がつぶやいていると、

”That’s the life.” と友達が。

「もし、毎日綺麗な夕日が見れたら、それって価値ないじゃん。
たまにしか見れないから”夕日綺麗だな〜”って思うんだし。

だから、もし綺麗な夕日が出たときは逃さずしっかり見るんだよ」

と。

夕日の話をしているはずなのに、なんだか人生で大切なことにも聞こえてしまったのです。

友達よ〜ありがとう!

5-12-2015 ニュージーランド・ワイン

Kia Ora.

ニュージーランドに来る前に、ニュージーランドについて知っていたことは

・ワインが美味しい
・羊が人より多い
・元イギリス領土
・島国

これだけでした。

特にお酒に関しては、ワインと同じくらいビールも有名なこと
ワインは、かなりの種類があることをこっちに来てから知りました。

日本でニュージーランドワインを飲む機会ってほとんどなかったので、
唯一1度だけ飲んだ「甘めのワイン」の印象が強く
ニュージーランドワイン=白・甘め
のイメージだったのですが、

どっしり重めの赤もあったり、
キリッと辛い白もあるのです。

何でもかんでもただ紹介していたのでは他国との違いが見せづらく
”売る”ためのブランディングの一つだとわかってはいるのですが!

ニュージーランドワインってかなり幅広いのです!ということを声を大にして言いたい!

$10程度のワインも飲みやすいものが多いので、
つい飲んでしまうので、家に常備しておくには、危険です笑

先日日本に持ち込めるのが3本までと知りガックシ。

飲みたい方は私と早めに会ってくださいませー!笑

4-12-2015 移民の歴史

Kia ORa.

今日は、オークランドでまだ行っていなかった「Marine Museum」へ

これもオークランド在住カードを持っていれば入場が無料

Sailing shipやエンジンや灯台の展示も面白かったのですが、
一番魅力的だったのが「移民」コーナー

イギリスから、夢や新しい人生を追い求めたくさんの人が移民してきたニュージーランド

イギリス国内では「移民募集」というポスターがいたるところで見られ宣伝されていたようです。

学校教育の中では、移民=奴隷というネガティヴなイメージしか持っていなかったのですが、
この展示を通じて、人生の変化を求め移民していく人たちがいたこと、

今でいう”海外就職したい”みたいな雰囲気があったんだろうな〜。

3-12-2015 出会いの不思議

Kia Ora.

2013年の2月、ロンドンに初めての一人旅

イギリス文学を勉強しているのだから、本場に行ってみたい!というのがきっかけでした。

ディケンズの生家にいったり、ブロンテ姉妹の故郷に行ったり。

このブロンテ姉妹の故郷というのが、また僻地にあり、

ロンドンから電車を乗り継ぎ3時間くらい。

ロンドンについて、駅で行き方を聞いてもわからないと言われたことも笑

場所は、ハワース

日本に帰ってきてから出会うイギリス人に「ハワースに行ったよ〜」と言っても大抵の人は知りません^^;

それが、昨日

「妹が、ハワースに住んでて、自分も2年に1回くらい行くわ!」

という人に出会ったんです。

相手から先に「ハワース」の名前が出るだけでもビックリだったのに。

彼女も、愛読書はジェーンオースティンや、ディケンズと言っていたので、
当然のことながらブロンテ姉妹のことも知っていたのです。

「ジェーンオースティンの生家にも行ったわよ〜」と。

わかる人にしかわからないこの羨ましさ笑

出会いって本当に面白いなと思ったのでした。