21-12-2015 ありがとうニュージーランド!

Kia Ora.

閉まらないキャリーケースと格闘すること数時間

いらない洋服や靴は、地域の「clothes bin」という回収箱にいれ、

食材や、その他は、友人へ。

こちらに来るときは、「これがなかったらどうしよう」という不安から、
いろいろなものを詰め込んでいたのに、

帰りは、「これはあの人に」というお土産や、

「帰っても食べたい、飲みたい」もの

こちらで学んだ教材(重いし、これがネックなんだけど)が詰め込まれています。

約半年の生活もスーツケース1.5で済んでしまうんだな〜と思うと
とても身軽な気持ちです。

(1ヶ月なら小さいスーツケースでいけます私)

帰ってから家の整理、スーツケースを開ける、、という過程は
今は考えないことにしようと思います。笑

本当に充実した204日でした。

tēnā koutou Aotearoa.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です