21-10-2015 どこの国にも歴史がある

Kia Ora.

今日は久々に翻訳作業をしていたらあっという間に半日が終わってました。

そして久々の展示会
先週の日曜日までの公開予定が延期していたので、行ってきました。

イギリス人がニュージーランドに降り立った後の書物が展示されていました。

条約書とか、そのときの風景画とか、
収支リストまで。

日本で開かれるのは、どうしても大きな国の歴史書物や展示会に偏ってしまい、
ニュージーランドのこうした物を目にする機会がなかったので、
とても勉強になりました。

色味などはその当時流行っていたスタイルが反映されていて
とても面白かったです。

どんな小さな国でも、歴史があるんですね。

20-10-2015 語尾でわかる出身地

Kia Ora.

なんだかまた寒さが戻ってきたような、オークランド

皆さんは、どこかの「訛り」ありますか?

私は、神奈川県出身なので、なにかと「〜じゃん」「〜さ〜」が多く
はじめて日本に来た海外の方々に、「それってどういう意味?」と突っ込まれたことも何度か^^;

ニュージーランドでも、語尾に「〜yah?」というのがクセで、

最初は、どのタイミングで使うのか、わからなかったんですが、
一旦覚えてしまうと、もともと日本語を話すときにも「〜じゃん」を使っていた私にとっては
とても心地よく、最近はよく使ってしまいます。笑

これと似たようなものにカナダの「〜eh?」がありますが、
カナダには1ヶ月しかいなかったため取得せず。

日本に帰ってからも「ニュージーランドにいましたか?」とバレてしまうのかしら。

皆さん、ニュージーランド訛りで話したいときは、語尾に「yah?」つけてみてくださいね。なんて。

19-10-2015 平和な国

Kia Ora.

春休みが終わり、通常の1週間が終わり、
やっと、いつものペースに返ってきたかな、というこの頃。

昨日は、Diwali Festival に行ったと書きましたが、
思い出した事がひとつ。

”警察官が踊ってた” ということ。

ステージの上で!5人のポリスメンがしっかり踊っちゃってました!!

ステージの半分以上が、ヒンドゥー語でなにを言ってるのかわからなかったのですが、

唯一聞き取れた英語”NZ police” 
友達と、

え、警察?なに?

DJの名前?

という会話をしたあと、ステージに現れた5人

最初は、”ここは公共の場ですので、自分の行動に責任をもって楽しんでください”
というようなアナウンスをしていて、

「そうだよね、人多いもんね〜」なんて言ってたんですが、、、、

次の瞬間には、彼ら踊ってましrた。

やはり他のグループに比べるとたどたどしい動きでしたが、、、

なんと、平和な国なんだ。。。。

と思わずにはいられませんでした。

あのダンスにどれだけ時間を使ったのでしょうか。

ふと思い出し、書かずにはいられなかった出来事でした。
日本ではありえないシチュエーションですね。

では〜

18-10-2015 Indian Festival

Kia Ora.

今日は、オークランド中心部で、DIWALI と呼ばれる、インディアンのお祭り。
ヒカリの祭りという意味のようで、お祝いごとだから”肉”は売らないんだそうです。

450万の人口のうち4%を占める、インディアンニュージーランダーたち

その全ての人がオークランドに集まったのではないか、と思うほど、
会場は、Indian であふれてました。

民族衣装を着た人がたくさんいたり、ステージではダンスなどのパフォーマンスがあったりと
1日中大盛り上がり。

何と言ってもハイライトは、”花火”
今年6月にこっちに来て、日本の夏の花火を見ることができなかったので、
ほんと〜に嬉しかったです。

花火があがる前には、
カウントダウンをして、ニューイヤーを迎えるのか?という盛りあがりよう。

ちなみに、日本では通常水辺から打ち上げますが、
こちらでは、すぐ目の前のビルの上から打ち上げ!
綺麗だな〜と思いながら、「木に火が燃え移らないか」とか「騒音の苦情はこないのか」とか
ちょっと心配していたのは、きっと日本人くらい。
ま、灰降ってきてたけどね(笑)

最後に、これは2013年TEDアワードを受賞した、Sugata Mitraさんの「クラウドに学校をつくろう」 たまたまインド出身の方だったので。
興味深いです。よかったらぜひ!

17-10-2015 Teach For All, Global conference

Kia Ora.

今日はこの言葉を今までで一番聞いたと思います。

Teach for All のグローバルカンファレンスで、今年はニュージーランドが開催国ということで、
42の国と地域のメンバーそして、NZの先生など教育関係者が約300人集まりまっていました。
もちろん、Teach for Japanのメンバーも。

印象に残ったことを、忘れないうちにメモとして残しておきます。

▶︎Kaya Hendersonさんの言葉:

「相手の話を聞くだけじゃ足りないの。それを、超えて相手を喜ばせることまで考えないとね!」

▶︎Teach for Nepalや Teach for HaitiのCEOは、
コミュニティを大事にすること、そして
信頼を築くことがなによりも大切だと強調していました。
(だから、形になるまで時間がかかるのよとも笑)
フェローと呼ばれる先生が、2年間生徒の家にホームスティするとか、
3時間かかる家まで家庭訪問するとか、日本とはかなり違う状況にびっくり。

地域に根ざした文化だからこそ、先生が、子どもたちからその地域のことを学び、
代わりにその環境を守る大切さを伝えるという、一方的ではない教育のやり方がいいな〜と。
ここは、WPGとも”こどもを主体にする”という点で共通しているので。

▶︎ニュージーランドの小学校の先生のセッションもあり、
私が今ボランティアしている学校とはかなり違う状況でとても勉強になりました。
この学校では、学校にコーディネーターがいて、主に保護者とのコミュニケーション役。
所得が低い地域では、保護者自身が学校に行った経験がないので、
そもそも、「学校ってなにをするところかわからない」「自分でできる(余計なお世話)」
ということもあるそうで、学校にまずこどもを預けてもらうことから始まる、といっていました。
特に、5歳の誕生日からの2年間が、読み書きができるようになるかどうかの
とても重要な期間だともいっていました。”Parents as partners and communities as contributers”

これは、日本における英語教育とも繋がるのかな、小学校の間にいかに楽しさを知っているかが大事という点で。

▶︎How can we reach ALL leaners? のセッションでは、

Todd Rose のthe Myth of Averageのスピーチを見て、ディスカッション。

生徒たちに、”選択肢を与えること”が大事よね、という意見

1日みっちりセッションがあったので、すべては書ききれませんが、
本当にとても有意義な時間でした。

16-10-2015 おもてなしの心

Kia Ora.

今日の夜ご飯は、私が担当〜♪

こちらに来てから学んだのは、おもてなしの心

と書こうと思ったら、ほぼ同じ内容の日記を先月も書いてました。笑

こちら→おもてなし

よっぽど自分の中で印象が強いようです。

他のおもてなし、といえばこの前レストランで、

日本に行きたい〜!という人がいたので、「日本にくるならうち泊まっていいよ〜♪」
といったら、「ほら、やっぱり日本人はおもてなしが冴えてるね」と言われました。

本当に来るかどうかはわからないけど、それくらい歓迎!っていう心での一言。

日本人というより、このおおげさな表現はアメリカで学んだ気がします。(笑)

ま、相手がHAPPYになれるなら、いいかな?!

15-10-2015 ビジネスのお勉強

Kia Ora.

最近、日が伸びてきて、まだ明るいな〜なんてのんびりしてたら
すでに20時!ということが。

今日は、友人の招待で、ファシリティの展示会に行ってきました。

さまざまなメーカーが集まり、自社製品をアピールしたり、
コネクションを作ることが目的です。

日本のメーカーもいくつか出店があり、
ニュージーランドの方と話をさせてもらったり、
オーストラリアを拠点とする会社の方と、日本についての情報提供をしたり、
普段の生活では、やはり、観光や、留学をしている人との出会いが圧倒的に多いので、
いい勉強になりました。

ちなみに、オーストラリアとニュージーランドには、
「振動」と「風」への耐久があるかどうか、というのが
建物(特に燃料を扱う)の審査基準になっているそうです。

14-10-2015 海外に行くと、恋しくなる食べ物5品

Kia Ora.

今日は、夜囲碁会してきました♪
この様子は、またFacebookにて報告します^^

さて、
「日本食食べに行かなきゃ」となったことのない私でも、これだけは、
「あ、食べたいな」と思ったもの挙げてみます。

▶︎鯵、などの青魚系刺身 : こっちでの主流はやはりサーモン。美味しいんだけど、こってりなだけに毎日はいただけない。

▶︎生野菜 :冬だから、あまり食べれなかっただけなのか、意識しないと、炭水化物ばかりの食生活になります。
     私の大好きなトマトはめちゃ高い!

▶︎そうめん、温野菜など、味のない味のもの :日本から持ってきたもの、友人宅で食べる機会に恵まれ解決。
                   だしの味 とかほんとホッとします。

▶︎コーンスープ:寒い冬を乗り切るには必須! こっちでは、コーンスープ+チキン味 2袋 2ドルというなんだか残念なものしかなく・・・

▶︎ランクドシャ的な、優しい味のお菓子:ちょっとおやつに。という気軽なサイズと味は日本の得意なとこ。
こっちでは、こってりチョコ、がっつりチョコしかなく。

5品といいつつもう一つ、ドリップコーヒー!!!

これ大事、ニュージーランドではエスプレッソが主流で、ブラックというのもエスプレッソにお湯を入れたものしかないのです。KALDIのドリップコーヒーとか、本当に美味しく重宝しております。

以上。

日本の皆さん、羨ましい!

13-10-2015 日本人として〜食編〜

Kia Ora.

こちらに来てから、とても不思議だったことがある。

中国人は、美味しい中華料理屋さんをよく知っていて、
韓国人も、よくいく韓国料理屋さんを知っている、
タイ人も、何食べに行く?っていうと当たり前のようにいつものタイ料理やさんに行く。

私は、人に誘われるまで、日本食レストランに行ったことがなかった。

??他の日本人の皆さん、こちらにきてどれくらいで初めて日本食レストラン行ったんでしょうか? 

”今日は日本食食べたーい!”とかなるんでしょうか?

日本にいた頃は、友達とのランチといえばイタリアンとかメキシカンばっかりだったし、
和食って、本当に実家のごはんくらいなもの。
お米、だけでいえば中華でも、韓国料理でも、タイ料理でもある。
日本って、いろんな国の食べ物が食べられる。ある意味、不思議な文化だな〜と気づきました。

それだけ、西洋文化が私たちの生活に入ってきているってことか〜。

そりゃTPPでも、海外勢押してきますよね。

12-10-2015  小学校ボランティア(4)

Kia Ora.

今日も一日いい天気♪

子どもたちと本気で鬼ごっこして、すでに筋肉痛です笑

2年生ですでに本気ださないとすぐ捕まえられます(汗)

さて、春休み明け最初のボランティア★

わずか2週間(前回のボランティアからすると1ヶ月くらい)ですが、子どもたちの成長が感じられたこと。

”この子、こんなに読めるようになったんだな〜”と。

毎日見ている先生や保護者よりも時々接する私には、この少しの成長がすごくすごく大きく感じます。

前に先生をやっていた時も、保護者の方に子どもたちの成長を伝えるというのが、
私にとって、好きな瞬間で、やりがいでした。

世のママたちも、今日は半年前の子どもたちの様子をちょっとだけ振り返って見てくださいね♪