08-08-2015 Go boys.

Hello.

ミネソタからこんにちは☆
今日で9日間のCongressもあっという間に終わりです。
夜には表彰式があり、様々な大会で入賞した方を称えたり、
来年度の運営スタッフの紹介などありました。

ここで出会った人たちと過ごす時間が短いことをのぞけば、
地元のクラフトビールも飲め大満足な夜!

期間中、囲碁講座の通訳をしながら、プロ棋士さんたちからかなり多く勉強させてもらったのですが、
印象的だったのが、

「自分だけ80取ろうと無理な手を打つから難しくなる。
お互い50/50で行きましょうくらいに打っていくとちょうどいい勝負になるゲーム」という言葉。

(確かに、プロの方の解説する碁盤は動きに無理がなく、とっても綺麗。)

そんなゲームを楽しむBoysのある日の会話

A「スペイン語話している人に、メキシコのどこから来たの?って聞いたら、
メキシコ人じゃない!ってめっちゃ怒られたんだよね〜」

F「よくあるよね〜、そう聞かれたら、”日本語と韓国語の違いわかるの?”って聞き返せばいいと思うよ」

M「なるほどねー、実際スペイン語聞くだけで、どこの国かわかるの?」

・・・続く

私にとって面白かったのは、この会話がそっくり、検討(対局の振り返り)のプロセスにマッチしているな〜と思ったから。

”もしこうなったらどうすればいいのか?”  ”この手はどうか?”

こうしていくつもの手を毎回検討して、最善をきわめていく、
囲碁ボーイズたちなのだな、と実感しました。

★インスタグラム更新中♪marika_in_akl

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です