10/06/2015 初めて小学校の教室に潜入した!

image

imageKia Ora.

今日は一段と寒く、ベットから起きるのが億劫なくらい。

「これからNZ行くのですが、なにが必要ですか?」
という質問をよく掲示板で見るのですが、

湯たんぽ!

と答えたい。

なぜかうちの寮ではめちゃ流行っていて中国の人たちがみんな使ってます。
こちらでも1000円くらいで買えるそうなので、
荷物は軽めに出発したい人はこちらでGETしてください。笑

さて、今日は初めて小学校の教室まで
お邪魔させてもらいました!

2年生(6歳7歳)の教室なので、色とりどりの掲示物があって幼稚園と近いな〜という印象。

(写真はまた後ほどUPします!)

◆力を入れているのは、フォニックス(英語の読み方)で、
レベル事に分けられるので、みんな必死

◆ICTの導入も早く1人に1アカウント与えられる勉強アプリがあって
それに夢中
 ただ夢中になりすぎるので、親たちからは心配の声もある。

◆こちらは、5歳の誕生日から順次学校に入るので最初の1年目は、
座っていることやみんなと一緒にすることがあまり重要視されていない。

いろいろ思うところはありますが、また改めて。

See you!

09/06/2015 私が海外で住んでみて確かめたかったこと。

Kia Ora.

ここに来てまもなく、1週間
留学している(海外に長期滞在する)間に確かめたかったことがいくつかあるのですが、

そのうちのひとつが、なぜ、留学をすべきなのか。ということ。

私は、自分で言うのもなんですが、
英語は不自由なく話せるんです。
言いたい事も言えるし、何を言っているのかもわかる。
留学しなくても、英語を使う機会、学ぶ機会はいくらでも日本にあるんです。

それでも”なぜ”留学を勧め、
こんなにも人を魅了するのか。
私にとっては、その答えをさぐるための留学でもあります。

この7日間でわかったことは、

1.留学先には、自分を本当に気にかけてくれる人はいない▶︎自分でその関係を造らなくきゃいけないのがものすごく大変
2.なんとなく、わかったつもりでいる英語が、わかったつもりではなく、はっきりと分かる状況にはまだ遠い。

ということ。

1については、
幸い、こちらでも私を助けてくれる方が何人かいて、本当にその方達には助けられています。
これ、だれもいないところからのスタートだったら辛すぎる…

これから、自分をアピールし、信頼される振る舞いをしていくのみ!

2は、
ニュージーランド英語、さっぱりわからない(笑)という衝撃

昨日ホストファザーが、「NZ人の英語は、めんどくさがり」と言っていたけど、
本当にその通りで、なんか言葉が適当、発音も適当!

私だけじゃなく、NZ人同士でも「Perdon?」が頻繁

リスニングが苦手という皆様、
この国では自信をもって「Perdon」使いましょう。笑

どうやら私の英語は誰が聞いても「アメリカ英語」らしく、(日本で教えられる英語は大体アメリカ英語です。)
この国には「アメリカ英語嫌い」という人がいるようなので、
そういう方に出会わないように気をつけます。笑

以前、TEDで、脳科学者が自ら脳卒中になった時、その様子を喜んで研究したというものがありましたが
(リンクはこちら

私も、英語を教える人として、自分が学んでいく過程を観察していきたいと思います。

お楽しみに〜笑

08/06/2015 携帯キャリア選びの話

Kia Ora.

さて、昨日の続きです。

確かに、町中を歩くと至る所にあるのです「Free Wifi」の表示

私も初日、この看板を見つけるたびにやったー!
と思って近づくも、要求されるのパスワード

この国で、町中のwifiはほとんど、携帯キャリアに紐づいているのです。

主要な携帯キャリアは4つ

・Vodafone
・Skinny
・2degree
・Spark

私が買ったのは、Spark
空港に降り立ったときから、ピンクの看板が至る所にあり、

”19ドルのパックで、毎日1GB使えるよ!”というのが売りなのです。

携帯の契約もプリペイド式なので、一番安い本体にこのパックということが可能。

(キャリアとしては、本体=SIMにしてほしいのはどの国も同じなので、
セット売りがしてあります。)

これによって、私は今まさに「街の至る所でwifiがつながる」環境になったのですが、
速度は期待しないでくださいね笑

ここからが、言いたかったこと。

このSpark元々はNZTELCOMという会社だったそうですが、
後参入のVodafoneに押され気味だったことから、
ブランド展開をして今にいたっているそうです。

こちらに住んでいる人からすると、
なぜ、Sparkを買うの?と疑問がられましたが、
私には、それぞれのキャリアの過去は見えず、
今の戦略だけがストレートに刺さったからが、答えになるでしょう。

日本のド○モと○oft○ankの構図にそっくりです。

ちなみに、NZの携帯番号は02〜から始まりますが、
3桁目の数字でどこのキャリアかわかるようになっているようです!

では〜

07/06/2015 日本のwifiが、遅れているというのは嘘!

Kia Ora.

こんにちは!

日本は、諸外国に比べるとwifiの整備が整っておらず、

2020年のオリンピックを目標に東京都も街中にwifiを使えるようにしよう!
という動きをとっているというニュースをご存知の方も多いと思います。

私も、そんな一人で、wifiにつながる端末(iPhone)さえあればなんとかなるよね♪
と気軽な気持ちで旅立ったのですが、

降り立ってびっくり!
ぜんぜんつながらないじゃーん!(泣)

電車に乗れば?バスに乗れば?とドンドン空港を離れてしまい、
初日から、ホストファミリーと会えないという事件もありました。笑

こちらでは、まだ、光が普及してない、無制限wifiもあまりないのが現状です。

iPhoneやXperiaを持っている人は多いのに、みんなどうしてるのかな、
と思ったら、電車やバスに乗った瞬間「自動ローミングをOFF」にしてました。

あら、そうやって節約してるのね。

私も、長くネットを使う時は、カフェにでたり、
最新、高級観光スポットスカイタワーのwifi(光!)を利用しています。笑

町中に普及してるwifiのからくりについてはまた明日!

06/06/2015 教育制度が違う話

Kia Ora.

今日は、日本から数えてもかなり久しぶりの「一歩も家から出ない」DAYでした。笑

今は、シェアハウスみたいなところに住んでいて、

いろんな人がいるので、日中家にいても、
コーヒー注ぎにいったはずが、話がはずみ2〜3時間過ぎるなんてことも
ありとってもおもしろいです。

出国したときは、自炊して生活とも思っていましたが、

毎日英語で実際に会話をして、いろんな国の人の生活を間近に感じられるので

この環境意外といいんじゃないかと思い始めています。

ゆっくりしながらも、最初にここにきた目的とかやりたい事とか

考えていて、”そうだ、私の目的は教育の視察”と改め

さっそく幼稚園を訪問したのが、到着後の大きな一歩でした。

週があけたら、スピードアップして、見学、インタビューなどしていこうと思っています。

そういえば日本にいる間に調べてもまったく頭に入ってこなかった「ニュージーランドの教育事情」

●小学校1、2年生の音楽の授業が必修じゃないこと
●そもそもカリキュラムがなく、先生次第な事

この2つだけでも十分驚きですが、なによりも、
カリキュラムがない▶︎先生によってだから、レベルが低い▶︎カリキュラムを変えよう!
となるのが、日本の(日本人的?)思考と思うのですが、

この国では、To avoid this situation,「両親がしっかり家で勉強させる事」
とあるのです。

教育=学校、先生

ではなくて、

すべて親。

あるこちらに住んでいるお母さんは「それってすごいプレッシャー」と言っていました。

確かに、子どもの成績がすべて自分のやり方で数年後に見えてくると思うと
ちょっとドキッとしますね。

そんな教育観の違いでした。

これから、実際の学校現場をみに行くのが楽しみ!

see you then,
Marika

05/06/2015 オークランド上陸

Kia Ora.

オークランドに来たばかりで、どこに行っていいかわからず
スターバックスに入ってしまった私ですが、
挨拶だけは、オークランダーを気取っています。笑

先生、学校インタビュ−の他にも、生活してみてのことも書いてみようかと。
(私の生徒たちがこのブログを見る日が来るといいなと思いつつ。)

◆みんな同じ人間だもの!

空港に到着して、まず空港高速バス、Air Busに乗ったのですが、
トランクを持った私に、
「どこまで行くの?」と聞いてくれた、運転手さん

親切だな〜と思ったのもつかの間、

「ここの駅でおりたいのですが、、、」
と言うと、

「そりゃ〜わからんわ〜!」と一言

ガーン!わからないって、運転手なのに?!

私の英語のせいか?とも思い、

「ほら、地図だとここです」とiPhone画面見せるも、

「地図なんて見たって、わからんもんはわからんよー

と。

日本だと、「お店の人は知っていて当たり前」「答えられないなんてありえない」

と思いがちですが、

まさに、”人間だもの。”の世界

分からない事もあるよね〜

その後、どこに行っても、「そりゃわからんわ〜」と言われ続けた初日。

はい、出来る限り自分で頑張ります。笑

ていうか、海外のバスって、本当にざっくりしてて、
日本みたいに「次は○○です」って言ってくれないんだよね。

今日も、なんとなくこの辺か、と降りたのでした。

そんなこんなで生きてます。