Sensei interview: File 01

“こんな先生が増えたらいいな♪”

と思う先生に、Marikaがインタビューしています。

第1回目は、世界22カ国の学校を回った雑色啓晴さん

私も海外の学校現場が見たい!と留学を決めたので、

同じような考えを持った人がいることを知ったときは衝撃的でした!突然のお願いにも関わらず快くお会いしていただいてありがとうございました!!

————

Q.出発前から英語や海外に興味があったんですか?

雑色さん「世界一周」に興味があったかな、父が小さい頃から「世界は広いぞ」と言い聞かせていた影響もあって、それなら実際に見たいと思って。

Q 世界各国の学校を見て、日本の英語教育ってどう?

雑色さん「世界には、発展途上国と言われている国でも、日本の子たちより英語ができる子がたくさんいることに驚きました。

太田英基さんの著書の中で「英語を使わなくてもいい仕事につける日本」というくだりがあったのですが、まさにその通りだな、と。

この必要性をどう結びつけていくかが課題かなと思います。」

Q 英語ありきか、旅行にいっての体当たり習得かどっちがいいかな?

雑色さん「旅をするにも、英語が必要!

だから自分もフィリピン留学をしてから旅に出たし。

もちろん、出てしまってから必然的に習得するのもいいと思うけど。」

Q 旅にテーマを持つことについて。

雑色さん「自分はテーマがあった方がいいと思う。旅だけだテーマだとダレチャウ時もあるし〜。自分もそれで頑張ろうと思えた部分も大きかった。」

——-

お互いに、26歳っていうタイミングで旅に出ることを決めていて、そこにはなにか理由があるの?と雑色さんから逆質問!

私は、これからのキャリアの節目としてという答え。

雑色さんは、坂本龍馬が27歳で勝海舟に出会ったという話が頭にあったので、とのこと。

お互いに、なんとなくではなく、理由を持った今だったことにも少し驚きました。

理科の先生として、子どもたちに伝えられるネタ探しの旅、一番知りたかったのは、「象の糞コーヒー」のことだったそうです。「それだったらどこで見れるのか、誰に会えばいいのかはやっぱり現地に行ってみてから調べた感じ。」

ザ文系女子の私は全く考えもつかなかったようなお話に私も思わず引き込まれてしまいました。

旅を終えられた今、学校現場で先生になる雑色さん、

世界を旅した先生に教えてもらえる子どもたちはうらやましいな〜。

雑色さん、貴重なお話とお時間ありがとうございました!

26歳世代、これからも頑張りましょう!!!

参照:22カ国の学校を回った僕が日本の教育現場ですべきたった1つのこと – GIGAZINE

09/10/2014 英語より、好きなことを極めるもの勝ち:スポーツ選手に学ぶ

「英語」好きだけど、何のために?いつ使う?とふと疑問に思ってしまうことありませんか。

だからダイエットと同じように「今年こそ英語を話せるようになる」という目標を実現させるのもの難しいんですよね。

そんな中で、錦織圭くん、田中将大くん、石川遼くんと言えば、英語のできる選手として取り上げられていますね。

それぞれ、テニス、野球、ゴルフ、と極めている分野があるからこそ、英語を使うシーン、必要性があり上達も早いのでしょう。

同様に、多くの外国人相撲選手は、完璧な日本語を使う。その秘訣は英語が必要である環境、弟子入りという環境の力が大きいという話を聞いたことがあります。

数ヶ月前、本田圭佑が英語でインタビューに答える姿を見て、

「こんな風になりたい!」と思ったこどもたちも少なくないはず。

彼もまた一流サッカー選手。

そんな本田圭佑のこんなニュースが。

本田の公式FBスタート 全て英語配信

2014年10月9日
サッカー日本代表FW本田圭佑(28)が、ソーシャルネットワークサービスの「フェイスブック」で自身の公式アカウントをスタートさせる。

関係者によると9日午後1時ごろに第1回の書き込みを行う予定で、海外のファンのために全編英語で発信を行うという。

まさに、英語を道具として使って活躍している理想の姿のような気がします。

英語が出来るようになりたい!と闇雲に思うのではなく、自分の好きなことと英語をつなげると、ぐっとできるようになるかもしれませんよ。

サッカー好きの皆さん、彼の発信で、英語を勉強というのはいかがですか?

https://ja-jp.facebook.com/keisukehondajapan

好きこそものの上手なれ。

10/10/2014 美容室探しと英語勉強法の共通点

英語、教育業界に携わる前、私は広告のお仕事をしていました。

その中で美容室さんとお仕事をさせていただく機会があったのですが、

英語勉強法美容室で好きなスタイルを保つ方法は似ているな~と思ったのです。

なぜか?

美容室も、勉強法も、相性が合うところで、続けることが一番の肝だと思うのです。

美容室も、毎回違う場所に行き、「重めのスタイルで」とお願いしても「前にカットした人はすきすぎちゃってて出来ない」と言われたり、オーダーしたカラーに染まらなかったり(泣)という経験したことありませんか?

実は、私もその一人でした。

なにがポイントかというと、前のカットやカラーのことと今の状況がつながっているかどうかということ。それぞれの美容師さんでやり方や考え方が違うので、違う方に担当してもらうとなかなか一定の効果を保つのが難しくなってしまうのです。

でも、同じ美容師さんに続けて担当してもらうと、前のカラーのこと、髪の毛の癖、スタイルをするタイプの性格かどうかなど理解してくれるようになるのです。

例えば、先月明るくしたのに、今月は暗く!と言っても同じ人だったら、

それは難しいということを教えてくれ、今の髪にあっている提案をしてくれるはずです。

これは美容師さんから聞いた話ですが、美容師さんのうまい、下手って、もちろん年歴やセンスもあるけども、この人のカットの後はセットがしやすい!とか、イメージしたカラーになる!という自分の感覚、相性が大切というのが大切だそうです。

まだ相性の合う美容師さんがいない!というのであれば、ぜひそんな美容室を探しつづけてください♪

話が少し、美容室のことに傾きすぎましたが、いよいよ英語の話。

英語勉強法も今では多種多様で、調べれば調べるだけ「○○法」「これで話せるようになる」みたいなの出て来ますよね。

どの方法も、間違いではなく、その方法が好きか、続けられるか、上達したことを感じられるか、要するに相性が大事だと思うのです。

新しい方法が出る度に、「これでいいのかしら」と不安になって移りかわっていっては今までやってきたものが結びつかず成果がでないことにもなりかねません。

どの方法をとっても一瞬で話せることはないし、練習や復習予習は必要です。だから、とにかく自分の信じた方法を続けてみてくださいね。

好きこそものの上手なれ。

ご挨拶

Thank you for visiting my website.

今後の活動を少しずつ投稿していく予定です。

気になるキーワード、ご一緒できることなどあれば

お気軽にコンタクトください。

Marika TaniguchI from Japan.