大人のワークショップ合宿秋〜10年ぶり〜

先週末は、私が高校生〜大学生の間に熱中していた

国際交流プログラムの元スタッフ・参加者のメンバーと

ワークショップ合宿をしてきました。

題して、「大人のワークショップ合宿」

当日は、高校生、大学生だったメンバーがみんな社会人となり

それぞれの分野で活躍しています。

キャリアカウンセラー、営業マン、コンサルタント、教師などなど

同じ10日間(9泊10日のプログラムを運営していました)を過ごして、

同じ感動をしたのに、自分のミッションとして選んでいるものはそれぞれ異なっていてどの人の話も聞いていて本当に魅力的でした。

1日目のアイスブレイク、チームビルディングのWS、

ジレンマのワークショップ

2日目はキャリアを考えるワークショップ、そして私のワークショップと最後の振り返り。

 

参加する前は、「合宿と言っても、いつもの飲み会が泊まりになるだけかな?」なんてちょっと思っていたのですが(笑)

がっつり1日ワークショップでした。

そして、私もせっかくワークショップ合宿やるなら何かやりたいと一枠もらいました。

あのメンバーとやるならどんなことを語り合いたいだろう

何を持って帰ってもらおう、

と考え「今と未来から自分のピース(peace)を考える」ことにしました。

私は、今ワールドピースゲームという教育プログラムに力を注いでいますが、

他のメンバーが思うピースって何だろう。

それぞれが思い描く未来って何だろう。

と思い、こんなテーマにしました。

具体的にやった内容は、

10年後の自分のdescriptionを作ろうというものです。

これは、私がワールドピースゲーム・プロジェクトの事業計画書を作るときに

いきなり数字を描けなかったので、20年後に「過去20年間の」実績をどんなふうに評されてたらいいだろか?

と作ったことがきっかけでした。

ゆっくりと自分と向き合う時間をとり、発表してもらいましたが、

自分の家族は?子どもがいる?

どこに住んでる?

仕事は?今と同じ会社?それとも独立している?

など、参加者それぞれのオリジナルが完成していました。

みんなのを聞いていて、真っ先に思ったのは、

「この人たちと10年後に会いたいな」ということでした。

1日目のワークショップで、現在の仕事について話す時間があったので、

「うん、今の頑張りだったらそんな10年後迎えられてそうだね!!」と感じるものもあったし、

「これからどんな風にそこに向かうんだろう」と楽しみなこともありました。

こうして、10年変わらず熱く語り合える仲間でいられることに感謝だな〜。

実はこのワークショップ合宿も、一人の人の「またキャンプやりたいね」という発言がきっかけで実現

一人の人が「こういう小さな思いつき、アイディア」をちょっと言ってみるって大事〜」と言っていたけど、本当にその通りですね。

やりたいな〜を→やってみよう!&誰かやらない?まで持っていくって大事だな、と思いました。

ちなみに、ワールドピースゲーム・プロジェクトの展望として

私が書いたのはこんな感じです。

  • ワールドピースゲーム・プロジェクトは、2016年に日本初のワールドピースゲームを実施してから20年間、“世界の課題の解決法を子どもたちに託す”という画期的な手法の学びの場を展開してきました。
  • 答えがない問題に取り組むことをゴールとしているので、学力や経済的背景に依存することなく、誰もが平等に秘めている想像力や発信力を発揮することができる場として認知されています。
  • 評価をされる場でないことの安心感から、子どもたちの肯定感が高まったという声も聞かれます。
  • また教員や教員を目指す学生が、「教える」と「ファシリテーション」の違いに気づき、教師としてのあり方を考えるきっかけを提供しています。
  • これまで20年間にワールドピースゲームに参加した子どもたちは約10万人

「世界の課題を解決できる人になりたい」と海外の大学院で国際関係学を学んだり、テクノロジーを使って環境問題を解決したいと自分でサービスを立ち上げたという声を数多く聞いています。

今年度、これまでの参加者による同窓会コミュニティによって、(経済的弱者であっても参加できる)ワールドピースゲームへのスポンサー制度が発足します。

◼︎こんな未来を実現するために、チームに加わりたい!という方おりましたら、ぜひご連絡ください。

◼︎ワークショップづくりのご用命もお待ちしています。

あー楽しい週末でした!

それでは。

まりか

 

“Game is Nothing” の気づき

ワールドピースゲーム・アジアの2日目が終了しました。

最初の交渉や宣言タイムがあり、生まれ持ってのリーダーだなと思わせられる素晴らしい首相宣言をしてくれた生徒に感激したり、ちょっと心配そうな表情を見せる子どもたちがいたりと、参加者の様子は様々ですが、どの参加者も頭がフル回転しているのははっきりとわかります。

今回のワールドピースゲームが、これまでのゲームと一つ異なるのは、

「30人の日本人のファシリテーターを目指す先生方」もそこにいるという事なのです。(正確には、台湾やノルウェーからの先生もいるので20名程度)

”マスタークラスを修了したものだけがワールドピースゲームのファシリテーターになれる”という事から、「ワールドピースゲームを日本でもっとワールドピースゲームを広げるためには、仲間を増やさなくちゃ!」

世界で唯一の指導者であるジョンハンターを呼ぶことを目指したのが、ちょうど一年前のこと。

Dear John-san,

We came up with this idea of the World Peace game with asian kids, China, Japan, Taiwan and Korea.  It seemed to be a very wild idea at that time, but we still think it is actually a great idea and it would be wonderful to pull things together and make it happen.

と、当時こんな1通のメールを送ったところから始まっていました。

毎回、マスタークラスは午前中に子どもたちのワールドピースゲームを見て、

午後ディスカッションベースに進行します。

昨日、今日と先生の話を聞いていると

・世の中を良くするのにずっと興味があって、ワールドピースゲームに出会った。まさにこれは今必要とされているものではないかと思った

とまさに私が2年前に感じたことと全く同じことを言ってくださっている先生方が目の前にいて、”こんなにも多くの先生が同じ方向を目指して進んでいる”ことに感動を覚えました。

その他にも、

・生徒にとってより良い先生とは何だろうか、を考える機会として

・新しいことに挑戦したい、そんな姿を見せたい

など想いを持った先生がこんなにもいることにも感動!

 

2015年の夏にオレゴンで初めてマスタークラスに参加した時に

ジョンハンターが言っていた”Game is nothing.” という言葉を今日ふと思いだし、

”そうだった、私はゲームをするためではなく、ここにいる先生たちと出会い

日本の教育、世界の問題を解決するためにここまで活動してきているのだ”と再認識しました。

ジョンハンターもしきりに、「今回の参加者の先生たちは素晴らしい!」「だんだんお互いがサポートしあったり、ファミリーになっているようだね」と

言っていて、私も本当にその通りだな〜と感じています。

 

このワールドピースゲーム・アジアが終わった時、どんなシナジーが生まれて行くのかますます楽しみになってきました。

 

マスタークラスの一場面

まずは、今回のマスタークラスにに参加していくださっている先生方本当にありがとうございます。あと3日間一緒に頑張りましょう!

ワールドピースゲーム2日目 inプラハ

ワールドピースゲーム、2日目
この日は、子どもたちが解決するべき課題が、読み上げられます。

そのうちの一つが、放射線物質による土壌汚染の問題

突然、ジョンハンター氏から

「ここに、日本から来ている谷口さんがいるんで、
話を聞いてみよう。
日本では、こういうことが実際起こったよね?」と、バトンが回って来ました。

私は、
「みんな2011年の東日本大震災のことは知っている?」

(ちなみに、ほとんどの子どもたちが頷いていました。)

と聞き、

実際に、何十、何百という家族が、
放射線汚染の影響で、自分の家を捨てることを余儀なくれたこと。
周辺に住んでいる子どもたちは、外で遊ぶことができないこと。

を話しました。

私たちにとっては、日々ニュースを通じて聞いている話だけど、
彼らにとっては、その他の土壌汚染とどう違うのか、を知ってもらう
いい機会になっているといいな。

ワールドピースゲーム・マスターコースに参加しています。

こんにちは。

私は今、11月7日〜11日にプラハで開かれているワールドピースゲーム・マスターコースに参加しています。

昨年の夏に参加してから今回は2回目。

前回は、「とにかくワールドピースゲームってなんなのよ」ということが知りたくて参加したので、
情報を得ることに目が向いていたと思いますが、

今回は、
・これまでに3度日本で行ったワールドピースゲームから、どんな学びがあったのか、
・どんなストーリーを共有することが、より深い学びになるのだろうか、
・ほかの参加者は、どんなバックグラウンドを持ち、何に惹かれてこの場にいるのか、

というようなことに私の関心は向いています。

マスターコースは、
ジョンハンター氏のファシリテーションの元、実際にワールドピースゲームが行われるのを見るという午前のセッションと
その後、ジョンハンター氏によるリフレクションのセッションと丸5日間みっちり使って行われます。

▶︎今回の参加者は、開催地であるチェコ、ロシアに住むイスラエル人、イギリス、アメリカ、オーストリア、ノルウェー
スイス、ドイツ、ポーランド、ルーマニア、スペイン、フランス、そして私(日本)から来た25人の先生たちです。

会場になっている学校が、モンテッソリー教育の学校なのですが、
その影響なのか、半数近い先生が、モンテッソリー教育の専門家なんです。
一人の先生は、「これ(WPG)って、モンテッソリー教育そのもの!」と大興奮した様子で話していました。

その他には、「娘が、ワールドピースゲームに参加した」っていう人がいたり、
スペシャルケアー(発達障害など)を担当する方、歴史と、音楽が専門です、っていう人だったり、
一人一人の紹介を聞いているだけでもものすごく楽しいのですが、
何よりも今回私が心を奪われた話は、
一人のオーストリア人の先生の話でした。

オーストリアの中学校は、成績によっていく学校が決まるそうです。(日本の高校制度に近いですね)
そうすると、下の方の学校になるとどうしても移民や難民の子が集まった学校となってしまうそうです。
彼女は、そのどちらかというと下の方になる学校で働いているのですが、

「ワールドピースゲームって、まさに私たちの学校で起こっていること。
自分ゴトって置き換えられるから素晴らしい、ではなくて、
すでに自分事の子どもたちにとってどんな影響があるのか、やってみたいと思っている」

という話をしてくれました。

最近、ワールドピースゲームの危機リストに、
難民問題が加わっているのですが、これはまさにタイムリーな話題でもあり、
先生たちの多くが、この問題をどう解決されるのか、ということにとても興味を持っています。

彼女の話は、こう続きます。

「教室の中では、友達として民族や宗教を超えて仲良くしているのだけど、
トピックとして、そうしたキーワードが上がった途端に、
ヘイトスピーチが繰り広げられてしまうんだよね。」

「これは、子どもたちがそう思っているからというより、家に帰ると
家族がそういう発言をしてしまっていることの影響が大きい。
だからこそ、正面から、この問題について深く考えたい。」

と言っていました。

例えば、ボスニアから来た子にとって、戦争や対立という言葉は
「家族がみんな殺された」という記憶になったり、
お父さんがシリア人で、お父さんだけビザが降りないという話だったり、

もう、言葉もありませんでした。

ー日本で、私がワールドピースゲームをやる意味ってなんだろう。
ーもっと世界を良くするには、何か他にできることはないのだろうか。

そんなことを、考えています。

続く。

ワールドピースゲーム3日目・アメリカ大統領選の朝

11月9日(水)

アメリカで、トランプ氏の当選が決まった朝、
プラハでマスターコースを受けている世界各国から集まった先生たちが集うteacher’s roomには、
混沌とした雰囲気が漂った。

「アメリカには何人も友達がいるのよ、本当にもう今日は言葉もない。」というチェコ人の先生

「イギリスが、EU離脱票が勝ったのを見て、「この世は何が起こるかわからない」って痛感したから、
何があっても驚かない。」というイギリス人

アメリカ大統領選は、アメリカ人だけでなく、その他の国の人に大きく影響を与える、
”自分たちの”生活に影響があるのだということを実感しているということを強く感じた。

「オーストリアでも、大統領選もうすぐだよね?」 「オーストリアの場合は、誰もいい人いないけどね」
という辛口のコメントもあり。

今日はワールドピースゲームの3日目
ファシリテーターのジョンハンター氏も「今、本当に君たちの力が必要だ。世界は動き始めている。」
というセリフからスタート

ーその先に起こる結果は考えている?
ーお金は払える?
ー理にかなっている?

さて、日本はどんな選択をしていくのだろうか。

ワールドピースゲームで何度も子どもたちに問われるこの質問を、
今全ての大人に問いたい。

img_1541

ブリュッセルの街

こんにちは。

昨日から出張でベルギー・ブリュッセルに来ています。

前回国際線に乗ったのが、留学に行く前だったこともあり
またしばらく家族に会えない気がして、
寂しく思ったり。今回はすぐに帰れるんだけど笑

24時間過ごしたブリュッセルでの気づきを忘れないように書いておく。
ちなみに、ニュージーランドと比較してみます。

まず空からの景色は、緑豊かで、ザ・ヨーロッパと思えるカラフルな石造りの家が可愛い。

・wifiはどこにでもあるわけではなく、今の所空港(会員登録が必要)
ホテル(バッチリ)、飲食店など。

・まだまだ現金文化が残っていて、クレジットカード使えない場所が多い。
ニュージーランドは、現金の絵柄も覚えられないほどみんなカードだったので、ちょっとびっくり。
(というかデビットカード)

・電車やバスは、ポーランドやイギリスの街並みと似ている。

・英語はほぼほぼどこでも使えるので、フランス語もドイツ語もわからなくても
不自由はしない。(ニュースもメインはBBCらしい。)
ただし、聞こえてくる雑談は全く理解できない。

・アジア人が全然いない!
ほんとにいない!
これは、オークランドであちらこちらに中国人がいたことからするとすごく違う!

こんな所です。
Have a nice day:)

死ぬまでにやってみたい仕事10選

昔、重松清の本をよく読んでいて、
ある時彼がなにかのインタビューに答えていたことがあります。

彼は小説を書く時、人生の分岐点を思い返し、
「もし今とは違う選択肢を選んでたらどうなっていただろう、とそこから物語を書く」と。

この話を私は今でも頻繁に思い返します。

その話を思い返しながら私が「もし私がこの職業だったらなにをしようか〜」と考えたのが以下の10つの
仕事です。

ここから7つほど職業を書いたところで全て消えたので、書き直し(泣)トホホ

1)医者
血、見れないし命の危機!とか言われたらパニックになってしまいそうなのでなれないけど、
やっぱり人の命を救えるってかっこいい!
海外ドラマ、グレイズアナトミーの影響も確実に受けております。

2)宇宙飛行士
これもまた映画[Martian]の影響
未知のせかいってところがまた魅力です。

3)研究者
私は、いろんなことをたくさんやりたい派なので、なっていないけど
新しい発見によって多くの人が困っている病気が治ったりするのは
社会的意義あるよな〜と思う。

先日も80歳かなにかで賞を受けていた人がいたが、生涯現役ってかっこいい!と思う。

4)エンジニア・技術系
車が動くのも、家電が動くのもこのエンジニアあってこそ。
どうなっているのかさっぱりわからないけど、
エンジニアの方が生みだしたものは数知れず。
すばらしい仕事です。
オムロンの本を読んで感銘を受けました。

5)美術館員
SATCのシャーロットがこの職業
日本を出るまで「お金持ちの仕事だな〜」くらいにしか思ってなかったけど、
ニュージーランドですばらしい展示をみて、いい職業だなと思うようになった。
日本の美術館も、人ベースではなく、テーマベースの展示をもっと増やして欲しい。
ヨーロッパの絵とインド、アジアの絵が一つのテーマで揃えられているのは
みていてとても面白くなんども足を運んでしまった。

6)イラストレーター
今、会社でイラストレーターの方と一緒にはたらいていて、
イメージをそのまま見えるように描いているのを見ると羨ましいな〜と思う!

7)政治家
ここのところの選挙戦を見ていて、やっぱり政治家にならないと日本のおかしいところ変えられないのか?!
と思ったので。
ちなみに私が政治家になったら、政治献金問題は起こさないですよ。

8)声優
昔、声を使った仕事をしたいな〜と思った時期があった。
自分の顔が出ないのにここまでキャラクターを演出できるってすごい。
海外映画の吹き替えとかやってみたいな〜

あと、2つ!!

9)美容師
美容師が発展途上国に行き子どもたちのヘアカットをしてあげている
という話を聞いてめちゃめちゃ意義のある貢献の仕方だな!
と思ったことがある。
自分の頭でさえ、どうなっているかわからないのに、いつも素敵にしてくれる彼らは
尊敬〜

10)建築家
祖父が大工だったからか、テレビ匠の影響か
工夫一つで家が見違えるようになったり
祖父で言えばすごく綺麗な家具を作っていたのを覚えていて
すごいな〜と思った。
小学生の時、夏休みの工作をちょっと手伝ってもらったら
表彰されるほど立派になってしまったこともある(笑)

世の中には本当に魅力的な仕事が多いですね!!!

私は今の教育者という立場もとっても好きです。

これからでもなれるものあるかな?

see u soon,
Marika

音声入力が流行っているのでやってみた〜MYサードプレイス〜

音声入力で今日は記事を書きます。

サードプレイスと言う言葉がよく聞かれるようになりましたが最近、また私にとってのサードプレイスが生まれました。
1つ目はワールドピースゲーム

2つ目は教育系企業

そしてその3つ目というのが、これからのグローバルを考えるグループです。

最近、ワールドピースゲームでも体験版を制作するプロジェクトが立ち上がったのですが、
これが何だか面白いことになりそうで、しばらく月に1度ほどあつまることになりそうです。

1つ目と2つ目はほぼ毎日何らかの形で仕事をしているのですが、
こことは異なるメンバーで月に1度ほど集まれるのはとても良いなぁと感じています。

1つ目2つ目に比べて普段は違うことをしている人と集まれるし月に1度と決まっていると参加度合いも高くなります。
要はそれなりにみんなやる気があって集まると言うことです。

その見つめというのも、グローバルと言う切り口では私に近いのですがそこにいるメンバーが、
これまた面白くエンジニアだったりポルトガル語を話す人だったり、ロボット持って四国に行く人だったり、
今までの私のファーストセカンドプレイスとは全く違う人種なのです。
最初は自分がこのプロジェクトにどう関わるのかわからなかったのですがこれもなんだか月1回定期的に集まることになりそうでそのために準備をしたり発表したりただのお茶や食事とは違う「何かを生み出す場)に変わったことでいっそう私の中でモチベーションが高まりました。

ワールドピースゲームのプロジェクトを含めるとグローバルの会話フォースプレスと言う事にありますね。働き方も1つではない時代ですので、いろんなところにMYプロジェクトを持っている人生がこれからはやっていくのかなあーなんて思っています。

以上音声入力でした。

入力後記:
最近このグローバルの会界隈で音声入力が流行っています。ということで私もやってみたのですがやはり慣れるまで人前でやるのは恥ずかしそうです。私の場合音声入力にすると何故か全て敬語になります。もう一つは滑舌のトレーニングになるのではないかなぁと言うことも感じています。なかなかラジオがら行が正確に伝わりません(汗)

スポーツマンから学ぶ

私これ、なんどでも言うんですが、

プロスポーツ選手の活躍をみていると
ものすごくパワーをもらえます。

日々の地道な努力が、実ったり実らなかったり。
でも、ひたすら続ける。
その姿勢にものすごく励まされる。

営業やってた時代、契約取れない〜と悩むこともあったけど、
サッカー選手や野球選手のように
「1ヶ月もヒットが出ない、アシストできない」
っていうことはなかったので、
「まだ、いけるな私」と思ったり。

ロールモデルは誰ですか?と聞かれると、
これといって答えられないんだけど、
あえて言うなら第1線で活躍しているスポーツ選手かも。

最近話題になったイチローから見習いたいのは、
いくつになっても自分の道を極めるということの
素晴らしさ。

教育業界も1打って、1響くわけじゃないので、
無力に感じることもありますが、
好きだから続ける、信じて進む!

イチロー記録達成おめでとうございます。
勝手にパワーをもらって、
私も本日頑張ります。

人間の探究心

最近、子どもは40000回質問する あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力という本を読んでいるのですが、

人間の好奇心というのは、驚くべき早い段階から備わっていて、(1歳前後でも指差しで周りの大人がどういう反応をするか見ているらしい!)
残念なことに、その瞬間に周りの大人が気づかないと
質問することをやめてしまう、そうなんです。

インターネットで、知りたいと思った情報はすぐに手に入るけど、
好奇心がないとそもそも自分はなにが欲しいんだっけという質問を
することはできない、というようなことを言っています。

ふと、身の回りを見渡すと、好奇心で生み出されたであろうものであふれています。

ーなぜ雪山の上から、板に乗って滑ろう何て思ったのか=スノボの始まり

ーなにをみて、乗り物がアップダウンするようなものを開発したのか=ジェットコースター

ー海に潜って1時間も過ごす方法なんて、なんで考えたのか=ダイビング

どれも、今ではレジャーとして知られていますが、

なぜ最初の人はこれを開発したのか、
楽しいな〜と思うと同時に、毎回不思議でたまりません!